院長ごあいさつ

医療法人回生会 宝塚病院 院長ご挨拶

ごあいさつ

院長:馬殿 正人

当院は昭和31年に宝塚市内で初めての病院として開設しました。その後、昭和36年に法人化(医療法人回生会)し、平成18年には、現地へと新築移転、最新鋭の機器を備えた救急病院へと発展を遂げました。これもひとえに、地域の皆様方や医療機関のご支援・ご協力の賜りものと感謝いたしております。

当院は、地域の中核病院として救急受け入れを行い、循環器疾患、特に急性心筋梗塞等の2、3次救急にも対応しております。また、消化器外科においては、消化器内科と連携してチーム体制で診断・治療にあたっています。その他、地域の方々からの需要がある脳神経外科・整形外科等の診療体制を整えています。

さらに、昭和53年に10床から開設した人工透析センターは、現在45床まで充実することが出来ました。開設以来、当センターがめざしているのは、何より“患者さんのために”をモットーに、常に最新の技術・設備を導入し、苦痛が少なく、安全、快適な治療をこれからも提供していきます。

今後も“ヒューマン・ケア(こころのふれあいを大切に、いのちのぬくもり、まもりたい。)”精神をもって、地域医療への貢献を目指し、常に皆様方に満足していただける質の高い、安心ある医療を提供していきたいと思っております。

医療法人回生会 宝塚病院
院長:馬殿 正人