抹消動脈疾患(PAD)

主な対象疾患

以前には閉塞性動脈硬化症(ASO)とも言われていましたが、同じ病気です。大動脈、脳血管を除くその他の手足の血管などに動脈硬化が起こり、血液の流れが悪くなり起こります。
症状としては、歩くと足が痛くなり、休むと楽になる、再び歩き始めると痛くなる(間欠性跛行)や、足がしびれるなどがあり、足に潰瘍ができたり、壊疽に陥り将来的には足を切断しなければならない事もあります。

概要

検査としては、ABI(手足の血圧の測定)、血管超音波検査、CT検査により血管の形態を評価し、その上で必要であれば薬物療法、風船治療、バイパス治療を行い血流の回復、症状の回復をはかります。動脈硬化を原因として起こる脳血管、脳梗塞、あるいは心筋梗塞などが足に起こった場合にPADという病気になります。そのため現在の動脈硬化、心臓疾患、脳血管障害と同様に増加傾向にあります。
決して稀な病気ではありませんが、足の痛みであるため整形外科を受診したり、皮膚の色素沈着などから皮膚科を受診される事があります。症状が心配な場合は一度ご予約ください。

診療時間

PAD外来は予約のみとなります。
初診の方は、かかりつけの先生を通してご予約いただくか、お電話にてご相談下さい。
また、都合により診察医が変更になる場合がございますが、ご了承下さい。

午後診 (13時~17時)

 
3
馬殿